整備が進む大船遺跡


大船遺跡は平成13年に国の史跡として7万平方メートルあまりの広い場所が指定されましたが、平成19年度から縄文集落の再現事業が実施されています。 史跡全体を使い、縄文時代の景観を再現し、縄文文化に触れる場を作る計画です。



(写真をクリックしてください。拡大表示します)

ohune816.jpg
平成20年には、二棟の竪穴住居の骨組みの復元展示をしています。実際に発掘した竪穴住居祉に丸太を組み合わせ、屋根の部分を作りました。
ohune801.jpg
ohune804.jpg ohune802.jpg
左四枚の写真

山側の復元住居祉
ohune803.jpg ohune805.jpg
右六枚の写真

海側の復元住居祉

こちらは深く掘り下げた

竪穴住居祉を復元しました。住居祉

内部は崩壊を防ぐため土留めの工事がしてあります。
ohune807_small.jpg ohune806.jpg
ohune808.jpg ohune809.jpg
ohune810.jpg ohune811.jpg
ohune812.jpg ohune815.jpg
屋根をかけない住居祉も三カ所、土留めをした上で、柱を立てた後の穴や、石で仕切られた炉などを再現して公開されています。
ohun845.jpg ohune814.jpg ohun847.jpg
ohun830.jpg ohun827.jpg  
大船遺跡には大規模な盛り土遺構も見つかっています。現在は覆土保全措置をとっています。盛り土遺構の中には、大船遺跡に人が住んだ数百年間に堆積した、大量の生活遺物が眠っていて、今後の発掘調査によって、新たな発見が期待されます。
上二枚・右写真

覆土した盛り土遺構
ohun832.jpg

大船遺跡埋蔵文化財展示館 (大船遺跡) (ホームに戻る)