平成20年度アンギン編み講習会


    10月26日(日) 南茅部公民館
(ホームに戻る)

8angi006.jpg 8angi098.jpg 8angi030.jpg
8angi043.jpg 8angi039.jpg 8angi025.jpg
8angi021.jpg
大きな編み機を使って、左上写真はススキの茎、左写真はヒエの茎を使って暖簾?作りです。

今まで、会員が作った見本作品。

右の2枚は近隣の山で採集したアカソの繊維を編んだものです。

下写真はススキの茎製のコースター。
 
8angi034.jpg
8angi008.jpg 8angi045.jpg
下の4枚は市販の紐を利用しています。
8angi062.jpg 8angi052.jpg
8angi059.jpg 8angi064.jpg 8angi055.jpg
8angi066.jpg 8angi071.jpg 8angi074.jpg
8angi118.jpg
左写真は、長いススキの茎を利用して制作中。

左右と下、4枚の写真は、栽培したヒエの茎を素材に編んでいるところです。 南茅部の遺跡群からはヒエの種が多数出土確認されています。縄文人がこのように作っていたとしたら、どんな利用法があったのでしょうか。

下写真ヒエの茎
 
8angi114.jpg
8angi085.jpg 8angi077.jpg
8angi023.jpg 8angi080.jpg  
  8angi108.jpg  

    (ホームに戻る)