2004年10月3日(日) 縄文土器の野焼きを実施しました。

秋日和に恵まれた当日の様子を、順を追ってご覧ください。


4noyak02.jpg 4noyak05.jpg
4noyak07.jpg
約2メートル×12メートルの広さの場所を20センチほど掘り下げあらかじめ溝を作っておきました。

溝いっぱいに薪をいれ火をつけ周囲を乾かします。続いて土器を溝の周りに並べて下焼きをしながら、土器自体のの温度を徐々に上げていきます。
4noyak12.jpg 4noyak08.jpg
4noyak16.jpg 4noyak20.jpg
時々土器を回しながら、まんべんなく火を当て温度を上げます。さらに土器類の底を火に向け加熱します。

一度溝の中の火を止め、燃やした薪をオキ(消し炭)にしてから土器を溝の中に置いていきます。
4noyak19.jpg
4noyak21.jpg 4noyak23.jpg
4noyak26.jpg 4noyak29.jpg
4noyak30.jpg
ここからが本焼きです。

下焼きをした土器の上に、薪を慎重に積み上げて
いきます。

約20分焔が土器を包みます。
4noyak32.jpg 4noyak33.jpg
4noyak35.jpg 4noyak36.jpg
4noyak38.jpg 4noyak40.jpg
4noyak42.jpg
朝、9時に火を入れ焼き上がったのは
12時を少し回っていました。
 
   
4noyak45.jpg
4noyak44.jpg

野焼きの会場にお出でくださり、
汗を流していただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

(2004年土器作り大会) (ホームに戻る)