アカソで糸作り

11月29日(土)南茅部町体育センターの一室で、アカソを使って糸を作ってみました。
参加会員の真剣な作業の様子をご覧ください。

(ホームに戻る) (03年あんぎん布作り)  

3itotu22.jpg 3itotu23.jpg 3itotu24.jpg
3itotu02.jpg
縄文時代の遺跡から出土した布や糸に使用された繊維は、すべて植物性の繊維であると鑑定されています。 オヒョウ、カラムシ、ツルウメモドキ、アカソなどが使われていました。南茅部町垣の島B遺跡から出土した漆製品も、軸糸は繊維質のようです。

カラムシやアカソからの糸作り、は、木綿糸が普及する以前には日本各地で近年まで続いていたことがわかっています。

この日は、南茅部町にもたくさん自生しているアカソを使うこととし、事前に事務局でアカソを刈り取り、日に干して十分に乾燥させておきました。
3itotu01.jpg
3itotu03.jpg 3itotu08.jpg
3itotu05.jpg 3itotu09.jpg 3itotu07.jpg
3itotu06.jpg
アカソの葉を落とした茎を20本らいひとまとめにして、根本の方から、木槌や石で叩きながら砕いていきます。茎の表皮の部分を砕いて剥がしていくのです。堅い石で叩いても繊維はちぎれず、ねじりながら丸めて、ふっくらとさせながら、叩くのがこつのようです。
 
3itotu10.jpg
3itotu11.jpg 3itotu12.jpg 3itotu13.jpg
3itotu14.jpg 3itotu15.jpg 3itotu16.jpg
3itotu17.jpg
ご覧のように茎の内部の繊維質だけが残ります。アカソの繊維は一本の長さが、あまり長くないので、(25センチ前後でしょうか。)少し多めに絡ませて仕上げるのが良さそうです。
上写真

学校の総合学習の一環として参加した二人の小学生。
体験報告をするそうで、デジカメで撮影をしていました。
3itotu18.jpg 3itotu20.jpg 3itotu19.jpg
3itotu21.jpg 3itotu26.jpg 3itotu25.jpg
3itotu27.jpg
今回はごく普通の二本縒りの糸を作りました。
道具を使わず、手だけで細く強い糸を撚っていくのは非常に難しい作業です。

縄文時代にも何か補助の道具を考案していたのではないかと思いました。手だけでは能率も悪く同じ太さの糸を長く作ることが出来ないような気がします。
 
3itotu29.jpg 3itotu30.jpg 3itotu28.jpg
3itotu31.jpg 3itotu32.jpg 3itotu33.jpg
3itotu34.jpg 3itotu35.jpg 3itotu36.jpg
3itotu37.jpg 3itotu38.jpg 3itotu39.jpg
3itotu40.jpg 3itotu41.jpg 3itotu42.jpg
3itotu43.jpg
各自1メートル前後の糸を作る昼食を挟んで3時間余りかかりました。
こうした糸を材料に布を織るとしたら、一着の貫頭衣を作るのにどれほど労力がかかるのか一寸見当をつけかねます。
 20人くらいの縄文家族が、冬の間大きな竪穴住居に集まって炉を囲み、おしゃべりをしながらせっせと糸を作っています。

傍らで一人が素朴な織り機で布に上仕げています。

一着の貫頭衣を作るのに、2,3日はかかるでしょう

そう、それが縄文時代です。
 
クリックしてください  
3itotu44.jpg